西ノ島

島名 西ノ島(島根県、西ノ島町)
人口
(平成29年4月1日時点)
2,925人
位置 本町は、島根半島から北東へ約65km、日本海に浮かぶ隠岐諸島のうち島前地区に位置し、町名と同じ「西ノ島」一島で一町を形成しています。
面積 55.96㎢
地勢 火山島であったことから、高低起伏が激しく、島の東西を走る200mから300mの山脈により、内海側と外海側とに分かれています。
内海側は、中ノ島(海士町)、知夫里島(知夫村)と相対して、3島に囲まれた広々とした内海湾を抱き、海岸は屈曲に富んで天然の良港に恵まれ、14の集落が点在しています。
外海に面する部分は、西北岸に1つの集落がある外は、延々37km、海蝕断崖の連続で、海岸には奇岩怪礁が男性的な景観を呈し、特に国賀海岸は隠岐島の観光の代表的景観として知られています。
気候 対馬暖流の影響を受けて、日間気温差は比較的少なく、年間平均気温は15.0度と比較的温暖で降水量は年間総雨量1,190ミリとなっています。
冬期は北西の季節風が強くなりますが、200~300mの山脈を背に内湾に面する大部分の集落はしのぎやすくなっています。
産業 西ノ島の基幹産業は、漁業・畜産・観光です。
(水産業)
 漁業の種類としては、まき網漁業、一本釣り、刺し網、養殖、採介藻などです。
(畜産)
 島の大部分が町営の放牧場(公共牧野)であり、放牧を中心とした「低コスト・省力経営」が可能です。
(観光)
 隠岐ユネスコ世界ジオパークへの認定、フランスの旅行ガイドブック『ブルーガイド』での三ツ星認定等、隠岐に対する世界からの関心が急速に高まっている。インバウンドに対応するまちづくりの推進し、観光を起爆剤とする産業・雇用の活性化を図っています。