「しまっちんぐ」について

国土交通省では、離島と企業をつなぐ「マッチング」の場を設け、商談などを通じて、離島の活性化につなげる「しまっちんぐ」の取組を進めています。
具体的には、離島のニーズを掘り起こすワークショップの開催、コーディネーターによるサポート、離島と企業をつなぐマッチング交流会の実施など、対話を重視した段階的な取組により離島の活性化のための事業につなげます。

ほっとニュース
  • 2017/09/29 しまっちんぐ2017の開催が決定しました!(日付:2017年10月21日(土)、場所:fabbit京橋)
    >>>>エントリーはこちら
『しまっちんぐ』の概要

「しまっちんぐ」ワークショップ

  • コーディネーターが島を訪れ、現状をお伺いしつつ、島の皆様とワークショップをします。
  • ワークショップでは、マッチング交流会で企業に思いが届くよう、ビジョン・プロジェクトづくりをサポートします。
  • 島の課題の本質を引き出し、島の良いところを共に考えます。島内の人と人を結ぶきっかけにもなります。

「しまっちんぐ」(マッチング交流会)

  • 離島と企業が直接対話する場を設けます。
  • 離島側、企業側それぞれからのプレゼンテーション後、交流・商談会を行います。
  • ご要望に応じて、コーディネーターが「つなぎ役」となって商談をサポートします。

※平成28年度の「しまっちんぐ2016(秋)」では、12離島地域(31名)、45企業・団体(58名)、計89名の方にご参加いただきました。

プロジェクトの始動

  • 離島の企業の思いがマッチングしたら事業化を目指します。
  • 始動したプロジェクトは「しまっちんぐWEB」でPRします。